FKK -ドイツにある世界最高の風俗-

FKKとは?

ドイツにあるFKKっていう風俗知ってますか?

エフケーケーっていう人がいますが、ドイツ語ではエフカーカーって読みます。

元々はFreikörperkultur(ヌーディズム)の略だそうです。

ただこのブログで紹介するFKKは簡単に説明するなら温泉施設にスタイルのいい美女が裸でウロウロしている所かな、、、

 

 

FKKは何処に?

FKKはドイツ国内どこにでもあります。

首都ベルリンには1軒しかありませんが、ミュンヘン、フランクフルト、シュトゥットガルト、ドルトムント等あらゆる都市にFKKが沢山あります。

なおドイツ周辺のスイス、オーストリア、オランダにも存在してます。

よく良いと聞くのはフランクフルトのFKKですが、俺はベルリンとミュンヘンのFKKしか行ったことがないので比較は難しいです。

 

 

実際のFKK

ミュンヘンとベルリンでの2軒のFKKを紹介。

Sunshine

Sunshineはミュンヘンにあります。

FKKとしては建物は少し小さいかもしれませんが、ミュンヘンのFKKはほとんどが郊外に多くあるので、Sunshineはミュンヘン市内から比較的近くなので行きやすいと思います。

Sunshineの場所

住所 Ludwigshafener Str. 1, 80686 München

 

Sunshineの行き方

ミュンヘン中央駅(Hauptbahnhof)から説明すると

 

U-Bahn (メトロ)のU5で4駅目のWestendstraße駅で降りて徒歩で向かいます。

 

 

2人以上で行くならタクシーでもそんなに高くないと思います。

ミュンヘンのタクシーはほとんどがベンツのタクシーなので、一度乗ってみても思い出になるかもしれません!!

Sunshineの建物

 

知らないと普通の1軒家だと勘違いしてしまうぐらいの建物で周囲は住宅地です。

直接は見えませんが、入口の前にはATMがあります。

(店内の写真は撮ってないのでありません)

Sunshineの料金、システム

入場料€40 (日本円で約5,000円) で時間制限はありません。

この入場料だけ払えばフリードリンク、バイキング形式のフリーフード(アルコール、一部料理は有料)、ジャグジー風呂、サウナ、映画も見れます。

 


 

フロントで入場料払ったらロッカーへ行き服を脱いだらバスタオル持ってシャワーを浴びてから中へ入ります。

中へ入れば、ほとんどの女の子はヒールだけ履いてほぼ全裸でうろついてます。

目が合うと営業しに近寄ってきます。

好みの子がいれば2Fの部屋での国際交流になります。

国際交流が終わるとロッカーに戻り女の子へ直接€60払います。

基本的にはこの流れです。

女の子へ料金を払えば再び中へ入りゆっくり過ごせます。

Sunshineの詳細

営業時間 12:00~翌4:00

TEL : +49-89-57089830

ホームページ https://www.fkk-sunshine.de/

 

 

今現在(2020/11/22)コロナの影響で営業を中止してるみたいです。

 

Artemis

Artemis(アルテミス)はベルリン唯一のFKKになります。

アルテミスとはギリシア神話に登場する狩猟・貞潔の女神。

アルテミス – Wikipedia

Artemisの場所

住所 Halenseestraße 32-36, 10711 Berlin

 

Artemisの行き方

ベルリン中心部からなら電車で30分以内にArtemisに到着します。

 

ベルリン中央駅 (Berlin Hauptbahnhof)から説明するとS-BahnのS9で6駅目の
Westkreuz駅で降りて徒歩で向かいます。

 

Westkreuz駅は少し高い所にあり、駅を出て少し道を下って見渡せばArtemisの建物やネオンが見えるのでGooglemap無しでも辿り着けると思います。

 

 

 

なおベルリンにはベルリン・ウェルカムカードがあり、48時間公共交通機関乗り放題を19.9€(日本円で約2,500円)で購入。(※今現在23€に値上げになってます)

ベルリン・ウェルカムカードは200以上の主要観光地の割引もあります。

Artemisの建物

この写真の日は年始の定休日でしたが、駐車場の広さが分かると思います。

ちなみにArtemisの入口にもATMがありました。

Artemisの料金、システム

入場料€90 (日本円で約11,000円) で時間制限はありません。

この入場料だけ払えばフリードリンク(アルコールは有料)、バイキング形式のフリーフード(時間は11:00~15:00,16:00~翌2:00)、ジャグジー風呂、サウナ、プール、ジムが無料です。


フロントで入場料払ったら貴重品ロッカーに財布、電話等を入れ、ロッカーへ行き服を脱いだらバスローブに着替えてから中へ入ります。

ほとんどの女の子はヒールだけ履いてほぼ全裸でうろついてます。

目が合うと営業しに近寄ってきます。

好みの子がいれば2Fの部屋での国際交流になります。

国際交流が終わるとロッカーに戻り女の子へ直接€60払います。

基本的にはこの流れです。

女の子へ料金を払えば再び中でゆっくり過ごせます。

Artemisの詳細

営業時間 11:00~翌5:00

TEL : +49-30-8904440

ホームページ https://www.fkk-artemis.de/

(日本語サイトは https://www.fkk-artemis.de/ja/ )

Facebook https://www.facebook.com/saunaclubartemis/

Twitter https://twitter.com/ArtemisFkk/

 

 

最後に

ベルリンはFKKとしてはArtemisしかないのですが、マッサージやサロンとか割と風俗店を見かけました。(利用はしてません)

ミュンヘンは1人旅だったのですが、4日ぶりに日本人と日本語で喋ったのがFKKの中という、、、(Sunshineは日本人が5人ぐらい来てましたwww)

 

日本からドイツに行くとなると、ほとんどの方は観光メインだと思います。

観光メインだと時間が夜からしか取れなくて、俺自身もFKKの利用は夜しかありません。

次回行く時は昼ぐらいから1日中FKKで過ごしたいものです。

 

最新情報をチェックしよう!